パチンコの借金を減らすなら

「パチンコで作った借金、減らしたい…」

パチンコで作った借金の返済がキツくなってきたんですね?早くスッキリしたいんですね?

分かりました!

5つの質問に答えるだけ【匿名・無料で!】

パチンコで作ってしまった借金は、匿名無料相談で減らせます。借金解決診断シミュレーターは、5つの質問に答えるだけで、借金の減額方法や月々の返済額がいくらになるのかが分かります。匿名・無料で利用できますよ!

悩むのはやめて、無料相談です!

「どうしよう!」という思いでこのサイトに来られたはずです。答えはカンタン!街角法律相談所で、無料相談です!

借金・カード破産・多重債務、早期解決をお約束します。

パチンコの魔力について

「パチンコ依存抜け出したい」「パチンコの借金を減らしたい」「パチンコを辞める方法」「パチンコ依存症」なんかで検索すると、パチンコにドップリとハマってしまって抜け出せない人の悩みがたくさん出てきます。パチンコをしない側からすれば「辞めたらいいだけじゃん?」と思いますが、タバコと一緒で中毒なんでしょうね。それに、セコ台やパチスロに千円札がスルスルと入って行くのは、お金の感覚が麻痺してしまいますね。

パチンコが辞められない人の話をまとめると「勝ったときの快感が忘れられなくて、負けても通ってしまう」ということでした。一方、負けたときのことは忘れてしまうらしいです。1時間やそこらで数万円負けることもあるし、勝つこともある。負けたときは「次に取り返したらいいや」と思い、次に賭ける。

ギャンブルは自分で結果をコントロールできません。勝ったときは「たまたま勝てた」だけです。お金は時間です。時間は命です。お金を運に賭けるなんて、自分の命を無駄にしていることと同じです。パチンコや競馬などのギャンブルは大元が儲かるようにできているので、お客のほとんどは累計では負けているはずです。

パチンコをする人は日本にはすごくいます。海外でパチンコってあるのでしょうか? - Yahoo!知恵袋を読むと、どうやらパチンコをするのは日本人だけみたいですね。元々は大衆娯楽から始まったんだと思います。そういえばゲームセンターにもパチスロがありますよね。ゲームも中毒性があるので、ゲームセンターに行けばお金を使うだけ使って残るものはありません。つかみ獲りの景品も買えば500円くらいのぬいぐるみに2,000円かけても獲れなかったなんてバカなこともありますよね。

以下に、パチンコの魔力にやられてしまっている人たちにインタビューして「なぜパチンコに通ってしまうのか。その魔力とは?」という質問をして回答をもらいましたので、紹介しますね。これを読んでパチンコを辞めるキッカケになれば幸いです。

パチンコで負けても通ってしまうのはなぜですか?そのときの心境やパチンコの魔力を教えてください。

給料やボーナスでまとまったお金が入ると過去の嫌な思い出や辛い経験は吹き飛んでしまうものです。さらに、過去に消費者金融のCMでもありましたが、人間はネガティブなことはなるべく考えないように思考を切り替えますので、パチンコで負けてもついつい通ってしまうのだと思います。良く言えばポジティブ思考で前向き、未来思考ですが、悪く言えば、学習能力がないということになるんだろうと思います。一度勝つと成功体験というのはなかなか忘れませんが、負けた記憶はどこか脇へ押しやってしまうんでしょうね。人間ってつくずく都合の良い生き物だと思います。


パチンコに負けても通ってしまう理由は、勝った時の気持ちよさをもう一度味わいたいからなのかもしれません。 負けているときは、台のハンドルを握りつぶしてしまいたくなるほどイラついて、そのイライラの後に「くだらない」というような気分になり帰ります。 それでも何日か経つと、ウズウズしてきて「あ~、あの台今日行ったら出るかもしれない」という変な期待感があふれてきて、負けた時の感覚も忘れ浮足立ってパチンコに出掛けてしまいます。 パチンコ屋はだいたいどこにでもあるし、手軽に遊べるギャンブルなので、身近にありすぎてついつい行ってしまうのだと思います。


次ことは勝つ!負けを取り戻せる!と思ってしまうのでついまた通ってしまいます。あと単純に面白いからゲーム感覚で遊びに行きます。最近は1パチなどありますし、甘デジで遊べれば勝てなくてもそこそこ暇つぶしにもなります。あとやっぱり勝った時の興奮が忘れられないのもあると思います。箱を積み上げていく楽しみとか、出玉に埋もれる喜びがまた味わいたくて、トータルで考えたら負けているというのはわかっているけれど、それでもお店に行ってしまうのはまた勝ちたいと思ってしまうからだと思います。


大きいので当たると負けを取り戻せることもあるから。当たっていない時でも「そろそろ当たるんじゃないか」とか「このモードに入ったからいける」とか思ってしまってなかなか止められないことがよくあります。あとしばらく勝っていない時でも、当たった時のあの過剰な演出や大量に玉が出て箱が沢山積み上げられていき、通行の邪魔になって店員に移動された時のことを思い出してしまい、ちょっとだけやっていこうかと店に入ってしまいます。入るとちょっとだけじゃ済まなくなりますが。


パチンコはゲームとしても楽しいのですがやはり勝利した時の快感があります。私はパチンコで負けると逆に勝たないと帰らなくなります。これは勝負の法則のようなもので自分が勝つまでやめられないのです。 負けても通うのはいつか絶対に元が取り戻せると思っているからです。そういった気持ちでパチンコに行ってまた負けることも少なくないです。しかし、自分の中には絶対の自信があって負けても何れは勝てるような気持ちがあります。それは一度でもパチンコで勝った時の興奮を記憶しているためです。


勝ったときの興奮が忘れられないからです。 トータルでは負けているのだから、確率では負けることのほうが多いとわかっているのに、負けたときの反省よりも、勝ったときの喜びのほうが勝るため、どうしてもやめられないのです。 絶対に負けるとわかっていれば、誰もパチンコになど行きません。たまに勝つことがあるのがクセモノなのです。いわゆる射幸心を煽るようにできているので、誘蛾灯に誘い込まれるようにふらふらと足を向けてしまう。理屈ではわかっていても、脳がそのときの興奮を知ってしまったが最後、なかなかやめられるものではないです。


負けても通ってしまう人のほとんどは、一度でも勝って楽しい思いをしたことがある人だと思います。ギャンブルというのは不思議なものでビギナーズラックというものが本当にあると思います。はじめてやったパチンコで簡単に勝つという印象とその時の興奮をまた味わいたいために負けても通ってしまい、通っているうちにまた良い思いをすることがあります、すると今度は負ける時があってもいつか必ず勝ってあの興奮を味わえるという思いが定着してしまい止めることが出来なくなってしまいます。


パチンコで勝った時は最高ですね。1万円位は負けてもいいかな~という感じで、いつも予算を決めていっています。そういうときに、5,000円負けの結果となったときは、5,000円勝った気分になります。そしてその5,000円はもともとなかったお金だったと考えて、普段使わない使い方をします。いつもより贅沢な食べものを食べたり、買わずに我慢していた日用品を買ったり・・・ こういう考え方でいつもパチンコしていますので、勝った時はなおさらです。予算10,000円で行って、30,000円位勝った時は合計40,000円勝ったつもりになります。そして先ほどの贅沢なお金の使い方をしてしまうのです。極端なときは普段はもったいなくて絶対行かない風俗にいくこともあります。 こんな贅沢なお金の使い方をできるのは、パチンコで勝ったとき位ですね。結局、負けることの方が多いのですが、この極端な贅沢がしたくて、したときの快感が忘れられずに、再びパチンコに行ってしまうのです。


パチンコに負けてもパチンコ店へ通ってしまう私の大きな理由は、やはり、連チャンした時のあの感覚を求めてしまうからだと思います。あの時の高ぶる興奮は一種の麻薬みたいなものだと思っております。また、最近はアニメとコラボしたパチンコが多くアニメ好きの私にとってはそれだけでホールに足をのばすきっかけとなっております。そして、たとえ大きく負けていても好きなアニメとコラボしたパチンコであればプレミア画像を見るためにお金をつぎ込んでしまいます。


なぜでしょう・・・・。私もこのテーマをきっかけに、改めて考える時間を持ちました。毎回、「つぎは絶対にかってやる!」とか、「取り返してやる!」という心境が多かったと思います。数年前、ひまでふらっとパチンコ店に立ち寄った時、いれた千円が、いとも簡単に十万円になって、手元に帰ってきました。私はしばらくアルバイト生活なので、はずかしい話ですが、月に十万円ほどを稼ぐのがやっとです。あくせくと働いて十万円・・・。それが、千円を元手に簡単に十万円が入った時の喜びったらないです。そのあとも、時々数万単位で勝つことがあったので、病み付きになってしまいました。


宝くじと一緒です。 負けても、この間勝った時を思い出してまた行きたくなってしまいます。 パチンコの魔力は買った時の金額の大きさと、出るかもしれない期待感ですね。やっている時は無になれるし。 前に1000円持って行って、最終的に7万勝ちました。 7万て1日の仕事で稼ぐ金の何倍だろうって感じで、それからどんどんのめっていきました。 負けてもまた取り返して勝てばいいと思ってしまうので、通ってしまいます。負けていても次は勝つと思ってしまうのが不思議です。


一日単位での勝ち負けはあまり気にしません。雑誌等で紹介されている期待値に基づいて台選び、店選びをしています。今の台はスペックが多様で、知識を予め持ち得ていないと厳しいと感じます。打つ時は負けは常に覚悟しています。もちろん大負けした日は相当凹みます。でもカッとせず、冷静に淡々とやっていると、長いスパンでは収支が安定してきます。パチンコそのものは好きですが、釘の渋い娯楽の範ちゅうに収まらないようなのは好みませんし、それだけになれば辞められます。


打ちたい機種があることですね。リーチの選出やスーパーリーチになった時のドキドキ感、そして当たる確立が極めて高い時なんか、興奮しますね。好きなアニメがパチンコになると打たずにはいられないです。負けると分かっていても気分転換、ストレス発散などで通うこともあります。後はお店の雰囲気がいいとか、店打って時が気分が晴れるとかあります。負けても取り返せるって思いますね。今日負けたから、明日は必ず勝つぞなんて思いますね。


パチンコは長年遊戯していますが、最近になってやっとパチンコ依存症から脱却しました。私の経験から言わせていただきますと、やはり、大当たりした時の快感がたまらないことです。特に大勝ちした時、通路にドル箱を積み上げているときの優越感はすごいです。 みんなが積み上げたドル箱を見ながら通り過ぎるのを横目で見てしまいます。このようにパチンコでの勝った思いが頭にしっかり残るのが、負けてもパチンコ店に引き付けられる魔力だと思います。


いつも負けるわけでなく、数千円のお金が半日ほどで数万円に化ける時の快感が凄いので止められません。それで、パチンコに負けても、いつでも取り戻せるとのこころが働き、パチンコ店に足が向いてしまいます。また、大当たりの快感も100%影響しています。負けたことはすぐに忘れるのに、勝ったことはいつまでも覚えています。このことから、人間は「負けても取り戻してやろう」などのギャンブル精神が旺盛なのでいつまでも止められないと思います。


負けるのは嫌ですが、馴染みのパチンコ屋で、知り合いの常連さんも多くいて、そこにいると何だか落ち着くからです。また近年、飲食コーナーが改装され大変綺麗になり、、昼食は必ずそこで食べるので、パチンコ屋に行くことが完全に 日常の習慣に組み込まれているのです。私は大金を注ぎ込むほどアツくならないので、ギャンブル依存症というよりはパチンコ屋という「居場所」に依存しているという感じがします。この店がなくなってしまったらどうしようと時折不安に感じます。


昔と違って最近のパチンコは、あまり遊べないと言うのか、まったく出ない時などは数十分パチンコするだけで何万円も負けてしまう…なんて事もあって、結構お金がかかってしま訳ですが。負けてしまって、もうパチンコなんてやめようと誓い家に帰っても、翌日にはまた行ってしまったりするんですよね。やはり大当たりして勝った時の楽しさがと言うのか、お金が増えるのも嬉しいですが、個人的には玉が沢山出たときのドキドキワクワクする気持ちが忘れられないし、遊び感覚で負けてもまた行ってしまいます。


パチンコに負けてもまた通ってしまうのは、次に行った時は絶対に勝って前の負けた分の金額を取り返そうと思ってしまうからです。負けてしまうかも。という気持ちもあるのですが、どうしてもやはり取り返したいという気持ちになりしてしまい、ついつい打ってしまうのですが結局負けてしまい、またイライラしてしまうのです。あと買った時は、多くの金額が入るので簡単にお金が稼げるという解釈をしてしまい、分かっているのですが止められずに通ってしまいます。


他の趣味や娯楽では例え楽しかったとしても、反対につまらなかったとしてもお金の浪費につながります。 パチンコの場合ですと、勝てば楽しく時間を過ごせるという点では他の娯楽と同じですが、その上お金が手に入るという利点があります。 負けてしまった場合でも、お金の浪費という点では他の娯楽と変わりありません。また、負けてしまった際にとても不快な気分になる方が大半だと思います。私も負けてしまってはつまらないと感じることもありますが、はじめから終わりまでの緊張感や、好きなアニメ等の作品をもとにした台ですと映像を楽しむことができます。 そういた考え方を持っているので、負けても通ってしまうのだと思います。


次勝てば今日の負けを取り返せる、と思ってしまからだと思います。 さらに、一度でもパチンコで勝ってしまうと、あのときの興奮をもう一度味わいたい、と感じるようになるからだと思います。 少しでも熱い展開になったり、リーチが多くなったときには負けていても次はあたるはず、つぎこそ当たる、と思ってしまいパチンコに通ってしまいます。 その時の心境は、負けて金がなくなったという悲しみより、次こそ勝ってやるというようなものだと思います。


負けても負けてもついついパチンコに通ってしまうのは、やはり勝った時の記憶が残っていて、今日こそは勝てるんじゃないかという考えに支配されるからだと思います。そして、勝っているときはやはり楽しいですから、あの楽しさをもう一度味わいたいという欲求もあります。ですので、時間とお金に余裕ができると、ふと魔が差すようにパチンコ屋さんに通ってしまいます。当然また負けるんじゃないかという思いもあるのですが、やはり、パチンコを打ちたいという欲求に負けてしまいます。


近年のパチンコは非常によく作りこまれているので、単純におもしろいからやりたい、という気持ちもありますが、来る日も来る日も負けているのに負けてもなぜか通ってしまう理由。 『今日負けたから次は勝てるかもしれない』 『手持ちの金額が10000円しかないけど、手持ちが少ない方が当たるかもしれない』 『今度勝てば今日の負け分が取り返せるかもしれない』 『今月残り少ないけど今日当たれば生活できる』 一度でもドル箱の山を経験し、パチンコで甘い汁を吸ってしまうと、このスパイラルから抜け出すのは難しいとつくづく実感しています。


パチンコでたまに10万とか15万とか勝ってしまう。年に一回か二回その位勝つまでに倍位使っているのにね。そして回りの人達が出ていなくても自分は出そうという根拠のない自信というか根拠のない出そうという感覚。パチンコで負けた金はパチンコで返す。昨日1万負けたら今日2万勝てば1万プラスになるという訳の分からない計算。パチンコをやっている人はみんな経験が有ると思います。以前なにかで見たのですがパチンコをやっている時の脳には麻薬をやっている時と同じ状態だとか!止められる訳ないですよね!


私は、負けたときは本当に悔しくて、勝てないのだから、もう2度とパチンコは打たないと強く思います。 ただ、3日程すると、勝てるかもしれないという思いが出てきて、パチンコに行きたいと思い始めます。 きっと、過去に大勝ちした記憶が消えないから、何度負けても今度は勝てるだろうと思ってしまうのだと思います。 今までにパチンコで1度も勝った事が無ければ、パチンコはつまらないと思い、二度と行かないで済むでしょう。 パチンコなんてお金と時間の無駄で、馬鹿らしいということは承知していますが、一度勝つことを覚えてしまった以上、行きたくなってしまいます。


過去にパチンコで1日に13万円も勝ってしまった経験があって、負けが込んだとしても再び10万円以上の勝ちを得られる可能性があるからです。 最近のパチンコは機種に関するスペックによっては、1日に20万円以上の価値を得られるものも登場しました。1日に20万円以上勝つ事はとても稀ですが、大負けをしても20万円以上という体験ができるパチンコの魔力に魅力があります。 引きの運が絶好調で、ツボにはまれば1ヶ月にサラリーマン並みの収入を得られる可能性がある事を考えて、いくらか負けても通ってしまいます。


一度、大きく勝ってしまうと、もう一度勝ちたいと思い、通ってしまう。 最初は、その利益を資金として使うので良しとする。ただ、マイナスになってくると、そろそろ勝てると思い、つぎ込んでいく。 それと、私の場合は勝ち負けだけではない。当たりを引くときのドキドキ感が脳を刺激する。何度も連続で当たりを引く快感をもう一度味わいたい。そんな気持ちにさせrのが、パチンコの魔力だと思う。 ただ、それがゲームセンターでは味わえない。やはり、利益プラス快感が私を通わせていると思う。


負けても通ってしまう理由はお店を出るまでは勝つか負けるか分からないからだと思います。ハナから負けると決まっていれば通うこともないのでしょうが。 トータルで負けてる人でも大勝ちした経験があればまた通いたくなりますし、仕事と違い結果を出せばすぐその場でお金が手に入るのも面白いところです。 またパチンコをはている人なら分かると思いますが連チャンしているときの面白さです。頭の中で出玉の計算をしここからの出玉は全てプラスになる時の連チャンの興奮、楽しさときたら一度経験するとなかなかやめられません。


やはりパチンコをやっている中で常に頭の中にあるのは、勝った時の記憶です。いくら負けていても、この前これで当たったから当たるかも、負けを取り戻そうとすると続けてしまいます。負けで終わった日も、当たった時の事を思い出して、明日は前当たったあの台で取り返そうとしてしまい、また通ってしまいます。 そうするとたまに勝つんですが、それがまたパチンコの魔力で、もっと勝とうとしてさらに続けてしまいます。これが永遠にループして通い続ける原因になっていると思います。


負けても通うのは負けを取り返せるかもって思ってしまうからだと思います。きっと負けても通う人っていうのは大勝ちしたことがある人だと思います。取り返せる取り返せるって思っちゃうんですよね。実際に負けた分を取り返せることもあるし、また負けちゃったりしますが、取り返せたことがあるからこそ負けても通ってしまうのだと思います。あと私の場合、好きな芸能人やアニメの台だと、勝ち負けよりも演出見たさにお金をつぎ込んだりすることもあります。レアな演出が見たかったりすると負けても負けても通ってしまいますね。


パチンコに通ってしまう理由は、やはり当たりを引いた時や勝った時のあの快感を忘れることが出来ないからだと思います。負けたら行くのはやめようと思うのですが、時間がたつと次は勝てるかもしれないと思ってしまいます。負けたお金で何が買えたかとか何かおいしいものが食べれたとか負けると後悔するんですが結局またあの快感が忘れられず行ってしまいます。一度はまったらもう中毒症みたいなものでやめるのはなかなか難しいです。


パチンコをやっている人は一度は皆、大勝した経験があると思います。 ビキナーズラックと言われるものを一度でも経験するとその快感が忘れられなくなります。その快感を味わいたいがためにまたパチンコに行ってしまいます。9回負けても一回でもまた勝ってしまうと今度はまた勝てそうという錯覚みたいなものを起こしてしまうんだと思います。 そして、新しい新台やイベントがあるとまた打ってみたくもなります。どこかで断ち切らない永遠に辞めれないかもしれません。負けると分かっていても勝つ快感を味うために行ってしまうのがパチンコというギャンブルの怖さだと思います。


負けてもパチンコをするのは、連チャンした時や大勝ちをしたときの感覚が忘れられないからであると思う。パチンコをする人は手元にお金が千円でもあれば行きます。その千円があれば、わざわざパチンコをしなくとも美味しい物が食べれるのに、この千円をパチンコで増やしてもっと美味しい物を食べようという気持ちになるのです。依存症になると普段の生活、仕事をしている時でも頭の中はパチンコのことでいっぱいです。重度の依存症になるとお金を借りてまでも行くのです。一度どっぷりとパチンコに浸かってしまうとなかなか出れないものです。


1度でも大勝している人なら分かると思いますが、このワンチャンスから爆発するんではないか?と思ってしまっている事だと思います。少なからず、3千円位使えばボーナスを引くチャンスが出てくる筈です。それを期待して行くのだと思います。もちろん負けた分を取り返すと言う思いもあると思いますし、手持ちのお金を増やしたいと言う気持ちもあると思います。 しかし、期待や可能性が無いのならもう行かないと思うのですが、777絵柄が揃った瞬間は本当に嬉しくて、その嬉しさを味わいたくて行くのも理由の一つだと思います。


パチンコに負けた時は、「時間もお金も損した」と考え、つまらないことをしてしまったと後悔します。でも、しばらくすると負けたことは忘れてしまします。逆に、買った時の興奮した気持ちや嬉しかった気持ちは長く残ります。そのため、その思いをまた味わいたくて負けてもまた通ってしまいます。他にはパチンコで負けてお金を損したことが悔しくて、なんとか取り戻したいと思います。それで、パチンコにまた行ってしまいます。日常生活でなかなか味わえないドキドキ、ハラハラがパチンコによって手軽に味わえるからです。


私はパチンコの中でも、MAXタイプが大好きで、いつもMAXタイプばかり打っています。 MAXタイプなので、当然ですが大当たり確率は低く、かなりいい台であっても大負けすることも多いです。 時には5万円以上負けてしまうこともあるのですが、それでもまた打ってしまうのは、やはり一撃の出玉性能が凄いからです。 MAXタイプなので、一撃で2万発や3万発出ることも多く、過去に10万発近く出したこともあります。 出ている時は本当に気持ち良い気分になり、その気分を味わいたいからこそ、負けてもまた打ってしまうのです。


胸がワクワクする。なぜかといえば、当たるかな?当たらないかな?のドキドキ感が体に染み込んでいると思います。それと、お金がかかっていること。たとえば短時間で500円が4万円になったなどの経験があると、また当たってお金が増えるかも。という考えが、頭の片隅にあるので負けてもまた行こうと思えるんだと思います。パチンコの魔力は大当たりした時の高揚感と、満足感、興奮。お金をかけているからこそのスリル感だと思います。


パチンコに負けてもまた行く理由は私は複数あります。まずは、勝った時の興奮が忘れられないからです。勝つとアドレナリンがでるのか、ストレスが一瞬で吹っ飛びます。たぶんストレス解消の為に行っている感じだと思います。あとは負けたとしても、また次回頑張って勝って取り戻せばいいという気持ちになります。負けた時に出て行ったお金に対する執着でしょうか。いつも悔しいので次こそはという気持ちになってしまいます。あとは時間をつぶしやすいというところです。


パチンコに通う理由は,様々ですが,負けてもパチンコに言ってしまう理由の大きなものとしては,一度大勝してしまったときの快感ででしょう。負けていても,今日こそは勝てるはずと知らず知らずのうちに行ってしまうところが魔のサイクルとなり通いつめてしまいます。もう少し回せば出るかもしれないと,軍資金設定以上の生活費などをつぎ込んでしまうということもあります。負けていて,それを取り戻した時の記憶も大きいと思います。負けたままで終われないと,次の日こそはと,イベントの日だから出るに違いないと大金を投入したりしてしまいます。回してすぐ大当たりすることもあったりもすることがあったりと,魔の魅力満載かと思います。 パチンコを遊戯として割りきって楽しめればそのような魔のサイクルに陥ることはないと思いますが,金儲けの手段として考えてしまいがちで,負けた分を取り戻すまでと悪循環を繰り返しがちです。 また趣味でもあれば,そちらに行くのですが,特に趣味らしきものがない場合,時間ができればホールに足が向かうといった要因も大きいと思います。 パチンコ屋の設備等があれだけ充実しているのですから,パチンコ屋に十分な利益があるのを承知でも行ってしまうのはそういうことではないでしょうか。


なぜパチンコに通いつめてしまうのか?答えは「勝つ時もあるから」 今までのパチンコ人生、トータルすると負けているはずだけど、勝つと単純に嬉しいし、スロットで7を揃える時の高揚感が、パチンコ以外にそうそう見つからない気がします。 私はヘビースモーカーなので、最近ショッピングに出ても灰皿を見つけるのに苦労します。そんな時パチンコ屋へ入って一服・・・のついでに台を覗いてそのまま打ってしまうことも。同じ店に足繁く通うとお客さん同士で顔なじみも出来たり、ちょっとした社交場みたいな感じになったりして、パチンコ以外でも楽しいです。


パチンコは確率の問題です。 例えば、甘デジだったとして、99分の1の当たりがある台を打っているとしても、99分の1で当たりが絶対ひけるというわけではありません。一日くらいでは確率は収束しないからです。 なので、今日負けたら、明日勝てる可能性が高まる!というのが私の持論です。 もちろん1000円あたりで何回転回るかというのは非常に大切です。ボーダーを下回っている台を打ち続ければ負けます。確率が収束して99分の1になったって負けます。 なので、回る台があったら、負けていても全ツッパを決めましょう!


一度勝った時の高揚感を覚えており、それを味わいたいから。私の場合、ビギナーズラックで勝ってしまったことが始まりで、はまってしまいました。また買ったときには今まで負けたことを都合よく頭から消している気がします。今日勝った分で今までの負けの損失を補てんするというのではなく、勝ったその日から起算して常にプラスになるように計算してしまうのです。時折行われるイベントなどの店側の誘導にも簡単に乗ってしまうのも魔力の一つです。ふらふらーと入ってしまいます。


負けても行ってしまうのはやはり勝つときもあるし負けるときでも1回ぐらいは当たりをひくからですね。私はリングしかほぼほぼしないのですがあのハラハラする感じとあたった時の喜びがでかいのでついつい通ってしまいます。ストーリー制があるのはとくにはまってしまいますね。次このパターンがあたるんじゃないかと勝手に考えてお店のおもうつぼなんですがそれにはまってしまいますね。どうせ使うならお金が増えるかもしれない場所に行くってのも私はあります。


負けてもパチンコに行く理由は、負けた分を取り返そう、または取り返せるという意気込みがそうさせます。 実際、大勝をすると1回で20万円近くまで勝つこともありますので、それを何回か引ければ、直ぐにこれまでの負け分を取り返せると思ってしまいます。 結局のところ、10回行って3回くらいの勝率程度でしかプラスにならず、負けたらまた上記の理由でパチンコに行きます。 これがパチンコの魔力で、一人当たり年間で150万円くらい回収していると思います。


パチンコって依存性があるといいますが、これ本当なんでしょうね。負けても中々やめれない、魔の魅力があるんだと思います。始めたきっかけは、お付き合いでついて行きやってみたんです。訳も分からずやってみたら、大当たりしてしまってその時の快感、ドル箱を積み上げるたびに注目される目。世にいうビギナーズラックですが、今も忘れられません。 またあの快感を味わいたくて、少しだけと通ってしまいます。パチンコ店での一万円なんてあっという間になくなってしまいます。もう少しで出そうとお金をつぎ込めばつぎ込むほどやめれないというループにはまってしまうのです。


最初に高額勝ってしまうと、その時の快感が忘れられなくなりこんなはずじゃない、まだ出るはずだと打ってしまう。例えば17万円くらい一気に勝っていたら、次の日四万負けても、まだ自分は勝っていると思い次の日も行ってしまう。その日もまた次の日も負けてトータルで20万円負けてしまったら、また大勝ちをして負けたものを取り返しプラスにしてやろうと思ってしまう。そうしてるうちにマイナスが大きくなってしまっても引き返せなくなってまた勝ちたいと打ちに行ってしまう。


その日は負けてしまっても、次は勝てるんじゃないかと思います。 今日負けた分を取り返さないと...って感じです。 やらなければ減ることもないんですけど、やらないと増えないと思ってしまって。 最近のパチンコの台はアクションがたくさんあって、ボタンを押したら振動がきたり、上から突然役物が落ちてきたり、プレミア演出があったりとその感覚が病みつきになってしまって。 その演出もいろいろ種類があって、それを全部見てみたいという感覚にもなるし。


まず、暇つぶし。 これに限ります。他に趣味が無く興味もない、そんな中でやってくる休日は・・・。 パチンコに行くしかありません。 休みが来たらパチンコに行く。 暇だからパチンコに行く。 負けていても、勝っていても行ってしまいます。 また、負けていても調子がいいと何万も勝つことができます。 最後の千円ぐらいになってくると、どうせ負けてるんだから千円ぐらいいいやなんて気持ちになってきます。 そんな自暴自棄になっていても大逆転するときもあります。 それが快感になっていくんですね。依存症かもしれませんがやめられません。


負けても通ってしまうというより、負けたから次は負けた分を取り返そう、あわよくばもっと勝てるといいなーと思ってついついパチンコ屋さんに通ってしまいます。 それでも負けてしまうのが大半ですが、、、。 パチンコは不思議なもので、大負けしたことよりも大勝したことばかりが記憶に残ります。そしてまたその勝ちを経験したいがためにパチンコ屋にいってしまうのだと思います。 中毒性があるといいますが、確かに一度はまってしまうと通い詰めてしまうという魔力があるのだと思います。


私は次回はという期待よりも、ただ暇だから、することがないからという理由が大きいように思います。パチンコは一人でも気軽にゆけるし、周りの目も気にならないので。パチンコをしている最中は本当になにも考えていないので、悩み事なども忘れられるように思い、つい一人で暇ができると通ってしまいます。だれかとあいさつをするなどもないし、店員も形式的な挨拶だけなので、本当に気を使わずに、時間を過ごせる場所だと思います。


負けた分を取り戻したいという気持ちと、単に買った時の気持ち良さを味わいたいという気持ちです。とにかく勝つまでやりたくなります。勝つときは数万勝つ訳ですから、負け分も取り戻せるとかなり思っています。翌日すぐに昨日の負けを取り戻そうと行きますが、もちろんまた負けたりもします。そうなってくると今度は取り戻すとかはどうでもよくなり、単に勝った時の快感が欲しくなるんです。いくら負けたとかは考えなくなり、とにかく勝つまでやろうと考えるようになります。1度でも大勝ちを経験してしまうと、また欲しくなる…ある意味麻薬の様です。


パチンコで負けた時には心から「絶対にもう行かない!」と思います。でも何日か経って勝ったときのことを思い出すとついつい行きたくなって行ってしまいます。勝った楽しさを知っているからやめられないんだと思います。スロットでコインが出て出て止まらない時本当に楽しいんですよね。あとパチンコ店の雰囲気が好きです。家でスロット台があったとしてもきっと楽しくないと思います。やっぱりお金を入れて、勝つか負けるかのところがおもしろいんだと思います。


パチンコって不思議なもので、結局のところ勝っても負けても通ってしまうと思います。勝ったら勝ったで、「また次も勝てるんじゃないだろうか」「今は運があるのかも」など思って期待してしまい行ってしまう。負けた時は、「前回負けた分を取り返す!」この気持ちだけで行ってしまいます。どんなに散々運がない事を思い知らされるヒドい負け方をしていても通い続けてしまいます。そんな自分をバカだと思いながら、それでもまた行ってしまう。本当、これがパチンコ依存症だと思います。


負けた日は悔しくて、どんどん投資してしまったのを後悔するのですが、明日はでるかもしれない!今日負けた分を取り返しに行こうと思ってしまうのです。また、今日の当たり台の並びやハマっている台を見て、明日はあの台が出そうと予測して狙い台をつけてまた行くのです。気合を入れてっても、また負けることもあってまた凹みますが、大きく勝ったことがあるといつか取り返せるだろうと通ってしまい、いつの間にか通うようになってしまうのです。


最近のパチンコは演出、ギミックが凝っていて、全く同じパターンのリーチ演出は来ないといってもいいでしょう。この演出と大当たり時の快感、そして一度味わったら忘れられない連荘の爆発力があります。そしてなによりも実際の現金がかかっているということです。いくら楽しい演出でもお金がかかっていなければただのゲームです。4円パチンコでは勝てば大きいですが、負ければ資金が尽きてしまいます。お金がなければパチンコは打てません。そこで登場したのが1円パチンコです。負けるときは負けますが被害は少ないです。ですから続けて打てます。演出、ギミックに加え、本能を刺激する賭博性があるからやめられません。勝てばまた行きたい!負けてもまた行きたい。お金がかかっているからパチンコは興奮するんです。


給料が入るたびに私はストレス発散にと通います。負けてもこの月の使う金額は決めているので破産はしませんが、あの空間はとても落ち着きます。負けても台で打っていることがとてもすっきりさせてくれます。大きな音で周りが気にならなくなりドリンクもありますし、自分だけの空間のようでとても落ち着きます。負けてもたまに勝ってしまうところが余計ハマってしまうのもあります。言うならば大きな声を出してすっきりしているような感じです。で、次の日の仕事も乗り切れてまた通っちゃう感じです。


パチンコの負けても通ってしまう理由は次は勝てるだろうという気持ちになるからです。負けて帰る時はもう二度としないという気持ちになりますが、少し時間がたつと負けた分を取り返そうという気持ちと私としては一番気軽に親しみやすいギャンブルであると考えているからです。パチンコの魔力は手軽に遊べて、うまくいけば楽しみ、楽をして大金を得られることだと思います。1回でもパチンコで勝ってしまえばまた勝てるのではないかという気持ちになり、また最近では1円パチンコ等も登場したため、行きやすくなっているのも原因の一つだと考えています。


リーチがくるとわくわくします。そしてドキドキしながら、当たるのを待ちます。リーチの種類で、確率が高いスーパーリーチがきたりすると、本当興奮しますね。負けてもやめられないのは、このどきどきワクワクが本当に楽しいのです。一回に何万も負ける時もあります。もう少しやったら出るのでは?いまやめて次の人がすぐに当たったら悔しいという気持ちで、お財布の中のお金をどんどんつぎ込んでしまいます。ひどい時は、近所の銀行にお金をおろしてまでつぎ込んでしまします。でも、大負けすると、不思議な事に「こんなに負けてしまったので、仕事を一生懸命やらなくちゃ」とちょっと前向きな考えも出てきます。


誰もが勝とうと思ってパチンコ屋さんに通います。ほとんどが負けで、勝つことはあまりありません。でもその勝った時の爽快感が忘れられずに、たとえ負けたとしてもパチンコに通ってしまうのではないでしょうか。また最初のほうは負けていたとしても、最後のほうで大逆転ということもたまにはあります。また個人で一人楽しめるということも大きな魅力だと思います。勝った時には今までの負けていた憂鬱な気分が晴れていくというのも大きな魅力だと思います。


はちんこを始めたきっかけは興味本位。たとえば、昔見ていたアニメがモチーフの機種を遊んでみたりして演出などにアニメの名場面なんかが使われていたりして懐かしく思ったりして、そのうち何回か大当たりを経験していくうちにのめりこんでいくようになる。それで一回でも連荘大当たりで大勝するようになると、その興奮とドキドキ感が忘れられなくなり、もう一回あの興奮を経験したくなる。またパチンコの演出も最近は長めのものや、派手なものも多く、ドキドキ感や射幸感を煽る一因になっていると思う。


もう少しまわせば、あと千円回せは噴くのではないかという「希望的観測」が最大の敗因です。パチンコはスロットと違い、基本的に「天井」が設定されていないため、10万円いれてもあたりを引かないこともあります。そこらへんを熟知している人はパチンコは怖くて打てません。また、スロットだとデータを分析することで設定をある程度判別ができるが、パチンコだとわからない。したがって、大きくつぎ込んだから、大きくリターンが来るのではないかという希望的観測もあります。


パチンコで負けてもまた通ってしまうのは、勝った時の快感が忘れられないからです。負けてしまうだろうな…と思っていても、もしかしたら今日は勝てるかもしれない…と都合よく考えてしまい、結局辞められなくなっているからです。また、いい時間つぶしになるんですよね。なんとなく家にいたくないけど、外で何をしていいかわからない、ましてや急に人を呼び出すわけにも行かない…。そんな時、ちょっとした時間つぶしのつもりでパチンコ屋に行ってしまいます。


負けても通ってしまうのは、当たった時の快感が忘れられないからです。何度もやっていると同じシチュエーションがあると前はこれであったったから、このまま打てば当たるんじゃないかと思って辞めるタイミングを見失ってしまうからです。そして当たった時点で辞めればいいのに、まだ上を目指して辞めずに続けて結局のまれてしまう…。何やってるんだろうと思っているのにやめられない。今日は負けても明日は勝てるんじゃないか?って毎回思っていってしまう。半分は依存症に近い症状ではないでしょうか?


たまに勝つこともあるから始末が悪いのです。何度負けても、いくら負けても、次の勝ちで全部取り戻すことができるにちがいない、そんな期待感が働いてしまい、ついついパチンコ屋に足が向いてしまいます。そして、やっぱり負けることになり、もう二度とパチンコなんて打つもんか、もう何度目になるか分からない堅い決心をするのです。しかし、次の日になれば、昨日の反省など綺麗さっぱり忘れてしまい、今日こそは勝てるはず、そんな熱い期待感が再び働き、勝ったお金で豪遊する明るい未来を想い浮かべながら、今日もパチンコ屋を目指すのです。世の中からパチンコ屋が絶滅してくれないかぎり、このスパイラルから抜け出すことはできないと思うのですが、そんな話は一向に聞きませんし、やっぱり私たちは明日もパチンコ屋に行ってしまうのです。


私の場合は、無趣味の為時間潰しという事もありますが、やはりプレミアを引いた時のドキドキ感や、勝った後に「何に使おう!?」と考える事も楽しみの一つです。「もしかしたら今日は少しくらい勝てるかもしれない!」という何も根拠のない自信で、予定のない日には通ってしまっています。負けが続いている際は行かないようにしようかと思うのですが…やはり我慢出来ず、そういう際は1パチや5スロなどで資金内で遊ぶようにしています。


私はパチンコ歴が約10年ほどになりますが、明らかに負けています。でも、辞められず通ってしまうのは、2つ理由があると自己分析しています。1つは、日常では味わえないわくわく感やドキドキ感があるからです。特に朝一、ゼロ回転の台に座った時は今日は絶対勝てる気がするとなぜか思ってしまいます。2つは、大勝した残像が記憶に残っており、その感触をまた味わいたいと思ってしまうからだと思います。投資金額が増え、今日はもう回収不能と思っても、次の1回転で逆転があるのではないか、または、あと1000円で大逆転出来るのではないかと、こういう時になぜか根拠なく前向きになってしまいます。この2つの理由から負けていても通い続けてしまう辞めれないのだと思います。


負けても通ってしまう理由はいくつかありますが、私の中で一番大きいのは依存に近い気持ちだと思います。もちろん取り返せるかもしれないという思いもありますが、それ以上に時間が経つとまた打ちたいという欲求が出てきます。今の時代ネットを通してパチンコのPVや試打動画なども簡単に見れますので、それを視聴することにより欲求が刺激されることもあります。また大きく勝ったことがある場合その事実に縋り、何度も挑戦してしまうという人も多いと思います。結局のところ好きだから打ってしまうというのが正直なところですね。


パチンコに負けたら、その分を取り返そうと思って通ってしまいます。次は勝てるかもしれない、もう少し打ったら勝てるかもしれない、そう思って通います。それとは逆にパチンコに勝ったら勝ったで、お金に余裕ができたからまたパチンコしに行こうと思い、通ってしまいます。勝っても負けても通ってしまうため、パチンコには依存性があるのだと思います。ゲーム自体がおもしろいことはもちろんですが、ただそれだけではないような気がしています。


一番は、次が回れば勝つかもしれないと思ってしまうからです。前にもこの状況から勝った。今日も絶対勝てる。そしたらマイナスなんてすぐ取戻して、大丈夫。なんてパチンコをやっている間は思ってしまいます。負けた時は、今日はやめておけばよかったと思うのですが、明日こそは取り返せると思うので、ずっと行ってしまいます。負けた時は他のついてなかったことのせいにしてしまうことも多いので、何かしら理由をつけて今日こそはついてると行くときは思っています。


負けた日はツイていなかっただけで、日を改めれば大丈夫だという気持ちがある。また、パチンコを遊びとしか思っていないので暇な時にはついつい通ってしまう。生活の糧にしている場合には死活問題だが時間潰しには丁度良い。また、遊んでいる最中は特に何も考えていないので嫌な事が忘れられる。激熱演出の末に外れた時には、次は絶対にこれで当ててやるという心理が働いてしまう。また、隣の台で見たことが無いリーチを見たときには自分も出したいと思ってしまう。金銭的に余裕があれば全ての演出が見たい。そして、爆発させてホール1番になりたいという夢がある。


まずその時に自分の中にあるのは今は不調でも、そろそろ回復してるはず、という考えがあります。ほかのギャンブル類は1レースで数万円をかけるなどできてしまうので精神的に小心者の自分には少し耐えられそうになさそうでした。パチンコは同じ金額を使用するまでに時間がかかるのでたっぷりと遊ぶことが可能だと考えます。そんな中で一番の魅力は次のワンプッシュが大量出玉にいつだってつながっているところが自分自身なかなかパチンコをやめられない理由だと思います。


最初の頃は5千円くらい負けるとしばらくパチンコをやらなくなるのですが、一度二度と10万以上の大勝ちした後から、3万とか5万と負けてすごく後悔しもう辞めようと思っても、翌日には、もしかしたら今日は勝てる気がする、昨日5万負けたけど、沢山連チャンすれば5万はすぐに戻せるし、5千円だけ勝負しよう、とまたパチンコへ通ってしまいます。そうやって繰り返しているうちに、1万円札を使うのがそれほど抵抗なくなります。そして例え一回しか大当たりしなくても、その瞬間は何か勝ち誇った優越感を得ます、その数回の大当たりの感覚、感触が辞められなくなる魔力かもしれません。それが例えどんなに大きく負けててもです。


大当たりした時の達成感がとても気持ち良く、もしかしたらとんでもなく勝ってしまうのではないかという期待感で溢れています。例えその日に負けたとしてももう一度その感覚を味わいたい、また次は絶対に取り返せるかもしれない、という錯覚に陥り通ってしまいます。また周囲で「20万円以上勝った」などの声もざらにあるので、個人的にもそのような大勝ちをしてみたい気持ちもあり、それを実現するまでは辞めれないというのが現状です。つまり勝つか負けるかのスリルがパチンコの最大の魔力だと思います。


パチンコには魔力と言うか、ふらふらと引き寄せられる誘引力がある。むしゃくしゃした気分の時。なんだかつまらない気分の時。人さびしい気分の時など。あの騒音と独特の空気感の中で無心にパチンコを打つ。はっきり言うと勝つか負けるかがあんまり重要じゃないのかもしれない。少なくとも私はそうだ。あの喧騒の中で、逆に自分の心に静寂がおとずれる。私は趣味でたまに禅寺で座禅をするのだが、笑える事にパチンコ屋でも座禅している時と同じ「無心」になっている。気が済むまでパチンコを打って、満足したら帰る。そしてまた勝手に足がパチンコ屋に向かう。この繰り返し。


子育て、家事をしていると忙しくて、少しの時間自由になりたいと思う。自由でもお金がない。スーパー銭湯に行ってみようか、映画に行ってみようかと思いながら、数千円を使うことが、生活費を削ることになる。そう考えるとパチンコで5000円の投資をして5000円以上儲け分は自分の自由なお金になると考えてしまう。負けた時は結局食費を削ってしまうことになるのに。以前は大金を持ってパチンコに行っていた時期、負けると生活費どうやってごまかそうか焦る時もあったが、勝った時は、普段買えないような買い物をしていら最近は少額でも利益があるパチンコが逆に行きやすくしてしまう。節約して5000円貯める努力をしている自分がいる。結局勝ってしたいことは第2の自由であり、パチンコこそが私の第1の自由だと思う。


低額で1度でも当たった事があると、もうやめられない。次も当たるだろう、当たるかもしれないと思ってしまう。通えば通う程に、昨日の大当たりしていた台がまた当たってる!等と情報が見て分かるようになると、絶対あの台に自分も座ろう。と異様な闘争心が湧いてくる。一昔と違い、店内やスタッフも感じが良いから居心地も良くなってしまう、負けても悔しさよりも、まぁ無料でマンガにドリンク飲み放題したんだから、高くないな。でも、今日負けても明日は勝つかもしれないと、ふっと笑みが出てしまう。本当に、あの扉の向こうは魔力としか言いようがない。


自分はパチスロにハマり、借金を10万程してしまっています。少しずつ借金が増えていき、生活だけではなく、精神的にも借りてる罪悪感等に苛まれ、辛い毎日を送るようになりました。ギャンブルをやめようとしても、金が入ったらすぐ行くし、無くなったらまた少しだけと借りようとしてしまう自分がいてまともな生活が遅れていないのが今の現状です。この前は、ギャンブルで携帯代が払えなくなったので、その分の借金も増えてしまいました。


私はギャンブル好きなので負けても継続してしまうタイプです。そのために今は20万円ほどの借金を抱える身です。お金が色々な金融サービスや知り合いに借りています。困るのは常に催促されて落ち着く時間がないことです。ギャンブルで借金があるのにまたやりたくなるので苦労します。生活の中でも負けたギャンブルのことが頭にあって本当に悔しいです。いつか絶対に勝って負けた部分を取り戻したいです。ギャンブルの借金は自分へのプレッシャーなので苦しい時が多いです。


パチンコで出来た借金が70万円。問題なのは日々借金が増えていくこと。借金とは金が無い状態だから、パチンコを控えても生活していると自然に増えてしまいます。食費を切り詰め、遊ぶこともせず、飲みにも行かず最低限度の生活をしております。この2年ジーパン1本、Tシャツ一枚買っていません。このぐらいの借金で納まれば、返却も可能と思いますが、返す手立てをパチンコに求めている馬鹿野郎なので借金が減るどころか増えつつあるのです。自己嫌悪になり精神的にもまいっています。


ギャンブルと呼んでいいかは分かりませんが、大学時代に株式取引とFXをやった時にできてしまった損失が100万円あり、親に借金をしています。今はコツコツ貯まるたびに返済していますが、日々のランチや細かい買い物時でも、これを買わなかったらいくら節約できるなど、けちな生き方をしてしまうことが多いように感じます。そのため、友人との飲みや、例えば合コンなどでもきっちり割り勘にしてしまうなど、変な目で見られてしまうことがあります。


ギャンブルの借金は100万ほどあります。やめようと思うのですが、少しでも収入があるとギャンブルでお金を増やして借金にあてようという考えを持ってしまい、結局負けて借金が増えるばかりです。生活で困っているのが、現在家賃を1か月分ほど滞納しているので、なんとかしなければならないと思っていることです。高熱費の支払いも近づいてきているし、電気が止められそうです。給料日前は、食べないで食費を削らないとダメかも。


借金は、パチンコにハマってしまい、良く打つのはスロットなので、天井まで追いかけて、しかも負けてが続いて、消費者金融でお金を借りる様になりました。借金自体は30万円位ですが、妻には内緒ですし、毎月お小遣制なので返済に苦労しています。お昼の弁当代と言ってお金を貰い、実際はお昼ご飯抜きで、仕事をしています。煙草も同様で、止めれば良いのですが、止めるに止めれず本数を減らしています。まだ、残りがあるのにお弁当代と一緒に貰っています。消費者金融の借金なので、毎月1万円ずつ返す様にしているので、結構大変です。


ギャンブルの借金は30万円ぐらいあります。1回勝つとまた行きたくなってしまうのがよくないです。次に行ったときに前回勝った以上に負けてしまうのが、悩みの種ですね。少しでもおこずかいの足しにしようと思いやってたはずなのに、いつの間にかおこずかいもなくなってしまうという状態を、何度経験したことか。ギャンブルもほどほどにしないといけないなと思っている、今日この頃です。またギャンブルの種銭である、おこずかいももっと上げてもらえないかと願っています。


借金は現在100万程あります。派遣社員として勤めていますが、毎月のお給料は16万程度なのでそこから家賃光熱費生活費を抜くと、幾らも残りません。しかし滞納したらそれだけ利子が増えてしまいますから、毎月必死で節約しています。一番辛いのが食べたいものが食べれない事です。販売期間限定のお菓子を食べたい、ちょっと高いお肉を食べたいと思っても、それに使えるお金の余裕がないのです。食費をかなり削っているので、常にお腹が空いて貧血気味です。


ギャンブルの借金は現在50万程あります。現在ギャンブルはやっていないのですが、この借金は奥さんには内緒にしています。私は小遣い制なのでその中から最低返済額を返している状況です。今だと月に1万の借金返済です。半月もすると小遣いもギリギリになり奥さんに追加を頼むのですがなんでそんなにすぐなくなるのか当然毎月聞かれるので言い訳やもっともらしい理由を言っています。毎日なるべく節約して毎日効率よく返す方法を考えています。いつまで続くことやら…


パチンコを辞める第一歩はこちら!




おすすめサイト
無職でもお金を借りたい